AEDのレンタル

AEDは心房細動による突然死を回避すべく、設置が進められている医療機器です。
以前は医師や看護師・救急救命士のみ使用できる機器でしたが、2004年から一般市民が使用することができるようになりました。使い方はとても簡単で、音声ガイダンスに従って電極パッドを当て作動させるだけです。
AEDは機械が自動的に診察と診断を行い、電気ショックを与えるべき状態かどうかを判断します。

しかし設置が開始されてから数年が経過した現在、新たなる問題も発生しています。
それが使用期限の問題です。AEDの電極パッドやバッテリーは消耗品なので、気づかずにいると万一のときに正確に作動しないという事態も発生します。AEDは一刻を争う状態から命の瀬戸際にいる患者さんを救う命綱です。
いつでも正確に作動できるようスタンバイしておくことが大切ですね。

そこでAEDを設置するときは、メンテナンスや部品交換もしてくれるレンタルをおすすめします。例えばセコムのAEDレンタルサービスは、定期的に消耗品を送付してくれます。その費用もパッケージに組み込まれていますし、盗難や破損に遭ったときも無料で交換してもらえます。年中無休のサポートもついてきます。
ピースフルやツクバ建機でも、レンタルを行っています。

また施設への長期的なレンタル設置のほかに、イベント時の一時的なレンタルもあります。
マラソン大会では急な運動による体調不良を起こす方も多く、設置が望ましいと言われています。こうした1日限りのイベントからスキー場・海の家といったシーズンのみの設置まで、短期のレンタルも選択できます。
参加者の安全をしっかり考えて、楽しいイベントを開催しましょう。

Recommend!